なんかなぁ~という日々

作者のセキララな考えや日常を映す日々 好きな言葉は「おまえの正論痛すぎるんだよ!」 笑ってくさい。はっちゃけます。 たまに思うけど俺の日常はどうなんやろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

特に

殺伐とした雰囲気の中作業をする日々。
先日嘲笑する先輩が「どんな実験するん?」と会話した。
しかし、相変わらずなんやと懐かしくもあるが、厳しい日々は相変わらずや。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/29(火) 19:09:03|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

金曜

作業中、導線の被覆(カバーの事)を切ろうと、手の上に導線を乗せ切ると、
スパッ!
しまった!手首切ってしもうたぁ~。
ティッシュで拭くが、血が止まらん!切り口は小さいが長い。
とりあえず、トイレに行き傷口を洗おうと考えた。
それと同時に、このまま血を流したまま実験室で倒れていたら、シャレならんなぁ~。倒れとこうかと考える。
廊下に出ると他大学の知り合いに会い、事情を話し、「バンドエイドない?」と言うとくれた。
「久しぶりやん。」の問いに、「自大学に戻っていて、また戻ってきたんや。」(もう2度と戻れんけど)と答えた。
数言交わし、就職話をすると当然だがその大学の人間はみんな決まったとか。
がんばっての一言が暖かった。(何も知らず深く聞かず、前のまま接してくれたことが)
辛くもあった。傷口はかなり塞がったが、まだ手首には傷が見える。
見る度にいろいろ思う。
  1. 2005/11/28(月) 16:39:09|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最終的に

その後
先生「君がそのテーマをうちでちゃんとしてくれるなら、○○と言う会社を紹介するし、○○と言う会社にとって非常に重要なこと何や。」
注:俺の研究はその会社の製品に直で応用されるものです。
先生「○○に入り、君が確固たる地位を中で作ってくれたらこっちとしてもありがたい。それに君が嫌なら、他の会社も紹介しよう。短期的にも君は就職が決まる。」
俺「まぁ予稿をまた明後日持ってくるんで、またその時。」逃げようと。
先生「何を迷う必要がある。だいたいにして待って決まるわけがない。」
俺「ニート時代がそうでした・・。ここでメリットとデメリットを考えましょう。
良いことは修論書いて卒業できる。デメリットは毎日来ること。」
先生「毎日来るのは嫌か?辞めて仕事につけば朝から仕事や。仕事と思って。頑張りなさい。」額に怒りマークが見えてきた。
俺少し考え、「何か実験したくなりましたわ~。来ようかな?○○さんいいっすか?」
先輩「がんばって下さい。」怖い一言。
先生「そうなったからには辞めるなんて言わさんからなぁ。」
背水の陣の出来上がり。
震えながら頑張るとする。
  1. 2005/11/27(日) 23:36:21|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

辞めるかな?

すると、先生が「うちに戻ってこいよ。」と一声。
「だいたいにして君が(自大学に)戻っても技術的にも先生もキツいよ。現に君も感じただろう?」
俺は「確かに言い争いにもなりましたし、キツさは感じましたよ。何度も」
先生「僕は君がなぜ戻ったかわからない。」
いや~先輩恐くなって逃げ出しました。
とは言えん。後ろに先輩いるし。
嬉嬉として聞く先生。
「だいたいにして、考えたら一目瞭然や。辞めるなんて、不利以外の何でもない。後3ヶ月やろ?」
俺「確かにそうですが、不利なのは痛感してます。」
先生「なら、まぁ君が進みたい分野(アニメ関係に進みたいのは先生は知ってる。)でも見習いで金なんかいらんと言う事であればまたちゃうやろうが。それでも、他分野に進むと言う事は何倍は努力が必要やしいない事はないやろうけどな。」
俺「まぁ、それでも中退は不利ですし。卒業してから、目指した方がいいですからね。」先生「なら尚の事うちに戻ってこのテーマをきちんと終わらして欲しい」
バトルはまだ続く。
  1. 2005/11/26(土) 14:39:05|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

気にしてるかは疑問やが。

22日の夜に足取りも重く他大学に行くが、どうにも言いにくい。靴箱で昔、世話になった先輩に会釈したが、シカト。背筋が凍る。
扉を開け教室に入ると他大学の先生が「少し待っといて。」と言われ、しばし、待つ。そこには先輩がいた。さっきのは見間違いと服装で知る。
懐かしい自分の机には荷物はないが、そのままだ。
しばらくすると、先生が「お待たせ。どんなんや?」と言われ予稿を見せる。
しばらくして一部表現は気に食わないがそれでいこうと言われる。
その時、俺は「すみませんが今回は「なし」て無理ですか?」
と聞く。
「何が?」と先生。
「いや、学会を。」と答える。
先生が「そりゃ、大学の修士になって、学会発表もしなくちゃ、○○先生(自大学の先生)も示しがつかんやろ?」と言われる。
「どうかしたんか?」と。
「辞めようかな」と。
「どうしたん?」と尋ねられ、「実は○○先生にもうおまえの面倒は見れないと言われまして。」
先生苦笑。
「何かしたん?」
俺は「オシロ壊した末に黙っていたのが少し駄目だったかな?」と。
すると、難しい事は略すと、自大学の先生がノウハウを知らんから壊す原因はあると言われる。
  1. 2005/11/24(木) 23:33:24|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ハッピーバースデー

ハッピーバースデー♪トゥミー♪
ハッピーバースデー♪トゥミー♪
ハッピーバースデーディアtks~♪
ハッピーバースデートゥミ~♪
パチパチ色々あったけど24や。
よう生きた。
褒めたい。
まぁ、人生は山しかないし。
事件だらけや。
どうなるかな?
いい24でありますように♪ってあるかい!
むしろピンチや!
逃げたいわ!
  1. 2005/11/23(水) 00:09:05|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

今日

宣告された。
うちの先生に「おまえはもううちで面倒見れない。」
つまり自由契約だ。
怒りの原因は先生から逃げた日常プラス研究室の大事なオシロを壊した末に、恐くなって黙っていたのが併せ技一本だ。
先生曰く。「前いた大学に戻るのがベスト。」それでも先生にしたら嫌だと。
それもわかる。
何故ならやはり生活態度はよろしくないし、嫌な人間からは逃亡だ。
自身、データが出せるかは疑問を通り越して無理だ。
なら辞めようと。
短絡的にできるならニート時代はないだろう。
どうしたもんやら。
悩むが・・
間違いなく自分は立ち直る術もない。
断られるなら止むなし。
しかし、先生から言われたが「それを決めるのはあくまでおまえや!やるなら予稿は先生に書いてもらったけど、やらしてくださいと言って朝10:00に行け!」
「無理なら、もう予稿は書いてもらいましたが、辞めますとちゃんと言え。」と言われた。
自大学を出るときに先輩に「どうするん?」と聞かれたが。
正直まだ悩む。
  1. 2005/11/22(火) 19:54:07|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

つい、

誰からかメールが来ないかとか思い新着問い合わせのボタンを押すが、何もない。
多分心の何かわからないスイッチを必死に、連打する。
笑いながら、先輩に「必死でブログを更新してます。」と言うと、「しないでいいです。」と返ってきたが、この余裕も10:00が期限のため、最期と知る。
胸のあたりが痛くなる。
咳のしすぎで、痛い。
  1. 2005/11/22(火) 09:21:02|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

急に気分が悪くなり吐く。
体調はマックスに悪い。
先生に会うと考えると余計に吐き気が出る。
どうやら小人さんはいないらしく、苦境に立たされたまま朝を向かえる。
助けて欲しい。
  1. 2005/11/22(火) 06:54:03|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

怒られるために

作業をする俺。
きっと明日に目茶苦茶言われるのが目に見えてるのに何でやるのか自分でもわからん。
限界に近いが気付いてくれる友人がいる訳ちゃうし。涙が出てくる。
こんなために大学院生になったつもりはないんやけどなぁ~。
2日も家に帰っていない。
  1. 2005/11/22(火) 02:18:02|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最終的に

今までの結果で予稿を書くことになったが書けないなら、前の大学で世話になった先輩が予稿を書いて出すとか。
先輩にしたら迷惑な話だ。
もし、経過を見て無理ならやっぱりその先輩が発表するらしい。
先輩にしたらやっぱり迷惑な話だ。
うまく行く可能性が皆無に思えてきたため、ここまでかな?と思う俺に、先生は予稿用の紙を渡し「みんなをおまえが引き回している。みんな迷惑している。君の指導にはみんな疲れている。」と言われた。
「辞めるなら早くに言え!みんな迷惑する。」
流れで今書いているがしっくり来ないし、人生を8割方あきらめたい。
顔を合わせりゃ怒られるんじゃないかとビクつく日々に逃亡生活。
精神的に病むばかり正直次は軽く失踪か行方不明になろう。
財布には230円。
悲しくもむなしくもあるが、23歳大学院生がもし新聞に載ったら俺かもしれんが。
暖かく笑ってくれ。
もうパトラッシュ僕は疲れたよ。
11月23が俺の誕生日やが今年も良いことないなぁ。
いつの頃からこんな人生を賭けたゲームをしてるかわからん。
寒空の下カチンカチンになってる自分を想像しとりあえずは震えるとする。
  1. 2005/11/21(月) 19:30:04|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

先輩に

寝てきますと言い、寝る。その後、起きた後、目を覚ますために、歩くが、要所要所歩く度に胃が痛くなる。
昼飯を買いに行くため、駅前まで遠いが歩いて考え事をする度に胃に激痛が走る。
仕方がないから、作業の準備のために色々した揚げ句に実験室に向かうと、部屋に先輩が入ってきて、俺を必死で探した事を伝えられ、先生が呼んでるとか。
とりあえずトイレに行くと伝え、今に至る。
後輩がトイレにまで来た。
先輩がトイレで倒れていないか。チェックらしい。
何とも。
何か出れば気も落ち着くが何も出ない。
死刑執行らしい。
ギロチンは嫌いだが何度目やら?
気晴らしブログ
  1. 2005/11/21(月) 17:04:02|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

吐きそう

指導凶漢が現れ呼び出される。
とにもかくにも、2日間でデータが出ていない事や、連絡をしていない事。
まぁ、おとがめを受ける。
データに疑問があるため、取らずにいた。
不確かなデータは取るな!と前の大学では先輩が言っていたためだ。
俺はうまく彼に伝えられず(データを取らない訳を)責められた揚げ句、腹を痛め吐きそうになる。
腹を押さえる俺に「お腹痛いならもう帰りなさい!」と怒声が飛ぶ。
とりあえずトイレに逝き軽くえづくも何も出ない。
とりあえず寝るとする。
ヤバイ。
一番嫌なエンディングを向かえるだろう。
  1. 2005/11/21(月) 10:33:50|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

泊まって

実験をするも、怪しいデータを生産する俺。
さすがに良心の呵責に絶えれないが、「これくらいじゃないん??」と言われたらそれまでだが、どうしたもんやら。
こういう時ほど専門じゃない奴は気楽なものと知る。
今日も怒られるんやろうなぁと思いながらデータ取る俺は不憫に思う。
いつぞや合コンに行った時、「大学院で何してるんですか?」と聞かれる度に「逃亡」とか「パンチラ」とか答えたくなる。
いかに俺が向いていないかを改めて知る。
できれば今からでも高飛びして逃げたいが財布には238円しかない。
叶わぬ夢らしい。タイムリミットは近いが精神的には徹夜明けでやられてる。
目の前で爆発してくれたらテンション上がるんやけど。
  1. 2005/11/21(月) 07:09:04|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いまだ

データは出ない。
他大学に行くとそこの先生に怒られながらも助言はもらうが、まだデータは出ていない。
明後日が期限だから、無理なら学会発表は取りやめになり、留年は確定するが、今はひどくのんびりと落ち着いて、作業をしている。
ある意味最後というのを噛み締める。
どうやら、ここが最期らしい。
まぁ、楽しい日々だったと思う。
また書くとする。自大学で最期とは我ながら自分らしいと感じる。
  1. 2005/11/20(日) 17:45:08|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ピンチ

学会の予稿はできず、一悶着が起きる。
とりあえず、前、世話になっていた大学に行く事になる。
学会の予稿の期限は伸びたが、3日以内に予稿が書けるデータを出さなくてはいけない。
自分は無理と思いつつとりあえず言われた通り向かう。
データを取るためには測定がうまくいかず、前から行けとは言われていたが、自分としては測定がうまくいかない理由は別にあると考えていた末に予稿が来たから大変だ。
大学院生になって数度目の岐路に立つ。
駄目かもしれん。
余裕か追い込まれたらまたブログを書くとしよう。
駅に行くまでに同じ院生にあったが奴は輝いていた。
俺のように追い込まれていない。
  1. 2005/11/18(金) 19:42:11|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

夕方に

急に先輩から明日学会の予稿の締切りやからと言われる。先生不在のため明日は必死である。(必ず死ぬこと)
かなりビビる。
どうしたらええかわからず震える。
助けて欲しい。
なぜなら先生と会わずに5日目を向かえる。
死ぬかもしれん。
後、何人かこのブログを見てぶっちゃけてると言ってくれてるがまだセーブしてるんだが。
精神的に追い込まれるとかなりぶっちゃける。
  1. 2005/11/18(金) 01:51:08|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本日

まだ先生と顔を合わせていない。
先生は授業があるから最低でも夕方には会う。
何て言われるか吐き気がする。
久しぶりにどこかへ行こうかな。と逃亡や失踪のシナリオを考えるが、実際は現状できない。
どこか異国の地や。
他府県で久しぶりに24歳ニート兼迷子という称号が欲しい。
少しの間は楽しいやろうなぁ。
  1. 2005/11/16(水) 14:30:06|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昨日にもうなるが

久しぶりに学校行きたくない病が発生した。
実は毎朝学校に行きなくない病にはなる。
しかし、最近は実験の進みは遅い上に、先生が葬式に出席で休んだ後のため、戻ってきたら、「おまえは何をやっていたんだ!」と怒られると考えると、枕元の時計をどつき寝てたが、ひたすらマイナス思考で将来に対しどうなるんやろう?と不安に震える。
ふと思い出し、本日は必修の授業がある。
仕方なく起き上がるが病状は頭痛に吐き気である。
風邪と似ている。
ボロボロながら、テレビを見るとタモさんがいた。
ニート時代を思い出す。
自分にはもう何も無いことも・・。
嬉嬉として「遅い出勤ですね。」と、気分が悪くなる。
ほんまに頭がいたいまま行くと、昔前の大学の先輩に言われた台詞を思い出す。
「場所を変えたからって自分が変わらないと何もならんよ!」
気を重くして大学に行くと先生は今日も休みらしく、ホッとするが頭は痛く。一日体調が悪かった。マジで風邪かな?
明日が不安だ。
ブログを見たら2000HITを超えていた。踏んだ人は事故申告してくれるとうれしい。
とりあえず自分におめでとう。
残念ながら状況はめでたくないが
  1. 2005/11/16(水) 02:48:03|
  2. 自分をダメという理由|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バトンですわ~

何というか最近リンク先のブログを見ていなかったので土日チェックすると、
何かあったので・・。
今回は★☆気まぐれblog☆★のnatsukiさんからもらいました。


Q1.回してくれた方の印象をどうぞ
実に良いものを食べていたり、実に良いものに乗っている。
なんというか、生活レベルに違いを感じますが、感じがよさそうな気がします。会ったことないですが、ブログ読んだ感じではアクティブな方や。
金持ちってよりは、何か努力して勝ち取ってそうや。いろんな物を。


Q2.周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
   5つ述べてください。
1 変わっている。(オーラが違うらしい)
2 アニメ好きてかマニアやオタク(そんな濃いかな?)
3 イジラレキャラ(この頃は後輩にすらイジラレテル)
4 優柔不断(俺は何もかもに迷うらしい)
5 自分がどう見られているか気になる人間(後輩曰く「tksさん周り気にしすぎっすよ」)
   
Q3.自分の好きな人間性について5つ述べて下さい。
  
1 他人と違う武勇伝を持っている人間
2 笑いのセンスがある
3 常識が嫌いな奴。感情的な奴。
4 義に熱い。
5 自分が一番かわいい奴もしくは自分が一番好きな奴


Q4.では反対に嫌いなタイプは?

1 正論マスター。
2 人の話を聞かない奴もしくは聞けない奴。
3 常に中心にいようとする目立ちや「俺は常に人気があってクラスのみんなとうまくいっていた」とかいう奴
4 暴力的で、いじってるとどついているの境界がないやつ。しかもそれをしている自分がおいしいと思う奴
5 自慢しかしない奴。
   
    

 Q5.そんな大好きな人にバトンタッチ15名!(印象つき)

とりあえず、15人もいないけど、
PSさん(あなたはある意味で同じニオイがします)
海鳥(おまえ勇者てか男前や)
殿井(なんかベクトルとスカラーが世間と若干ちゃう気がします)
miyuさん(結構普通なので、僕とは違うニオイします)
後は欲しい人もらってください。
  1. 2005/11/14(月) 01:40:03|
  2. 俺のグダグダ適職診断結果もろもろ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

好きなものバトン

ションボリックデイズの殿井さんから好きなものバトンで「ファーストガンダム」が来たので、しようかなと思います。

#PCもしくは本棚に入っているファーストガンダム
実は本棚に起動戦士ガンダムの講談社ポケットカードとかいうレアなガンダムモビルスーツカードってのがあるんやけど。
今いくらするんやろ?かなりボロイけど・・・

#今妄想しているファーストガンダム
つい最近ガンダムのゲームした時に愛らしいボールが愛機であった。
かっこよくジオングに突っ込んだ。ボールとサザビーが戦ってくれんかなぁ。

#最初に出会ったファーストガンダム
一番最初は小学校の時映画で見たけどおもんなかった。
何をこいつらは言ってる以前にジオンて何?やった。
カードダスがガンダムでは印象的や。
実はファーストは改めて見た大学の時のテレビ版が一番おもろかった。


#特別思い入れのあるファーストガンダム
コンスコンのシーンですなぁ。部活絡みで。(理由はまたに)
スレッガーさんが死ぬ時とか、ドズルの死ぬ時。
後は、アムロが「僕には帰るべき場所があったんだ」と泣くシーン。
まぁ思い入れあるのは大学院になってから造ったジムのプラモも間接に接着剤つけて曲がらなくなった・・。

#最後にバトンを回したい人5人
tksには友達がネットには少ないので、とりあえず強制で、
PSさんと 行く川の流れは絶えずして,しかももとの水にあらずの海鳥さん
お題は好きに語って下さい。
後は好きに欲しい人もらって下さい。
  1. 2005/11/13(日) 23:03:44|
  2. 俺のグダグダ適職診断結果もろもろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

何か

最近引いたネットに母が興味深々で相手をするのがダルイ。
しかし、ネットには魔物も住んでいるので、なるべくなら辞めてほしいが。
まぁ、年取っているから、変なもんにはまって年金まで使わない事を祈る。
  1. 2005/11/13(日) 18:48:07|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何か

休日は落ち着く。平日はいろんな意味でうっとおしぃ。
まぁ、そのうち老後にはゆっくりとのんびりと生きていたい。
しんどい現実は嫌いや。
正論マスターをこの世から滅ぼしたる!おまえらの正論が通用しない世界に。
何かここ2年は周りから正論尽しや。
  1. 2005/11/12(土) 19:09:13|
  2. たわ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

今日は

ポッキーの日らしい。
それを先輩が言うと、「今日はポッキーとプリッツの日!」と反論して、二人で買って来てた。
プリッツを後輩から恵んでもらい、「うんめ~」と食し、隣で喰ってる自分を写メするダメ先輩。
ポッキーゲームしようとねだる俺に後輩は軽く、プリッツにライターで火を付け、ビビる。
後輩がもう一人いて明日誕生日と聞き、ハッピーバースデーを祝い歌う。
すると、嫌な顔をされた。
平和な一時だった。
  1. 2005/11/11(金) 23:45:31|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昨日くらいから、実験やらが急に進む。
まぁ、担当凶漢は若干冷静だ。
昼飯を喰いに行こうと自分の研究室に戻ると、後輩と先輩がいたが、飯は喰った後らしい。
説得するも、途中で凶漢が入室。と同時に、「もうなら行きますわ。」と退室。あきらめる。
いつもは飯友というべき他研究室の同期がいるが、学会前で忙しいと断られる。
正門に向かい、近くのマクドに行こうと考える。
向かいから知り合いの後輩が、「飯は?」と聞くと、「今からです。」と手にはコンビニの袋が。
「マクド行こうか。と考えてるねん」と言うと、
一緒に飯喰いたそうな目をどうしますか?とドラクエのモンスターを仲間にする時の状態に感じたんだろう。
「ちょっとあるんで。」と「行こう」とか言わないのに断られる。
なんとなくマクドを辞め、食堂に向かう。よく先生がいる食堂で喰おうかなと。昨日行こうとすると人が多くてあきらめた。今日はここでと思っていた。見ると先生発見!
回避~回避~。と逃げる。
飯まで顔は見たくない。
研究がどうとか日常話も微妙や。かといって同じ食堂で同じ席で喰わないのも気まずい。心労が無意味に増える。
仕方なく別の食堂で食す。
  1. 2005/11/08(火) 13:57:13|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

パンチラ最終理論

先日、日本橋に行くおつかいが発生した。
帰りに京橋を経由して帰った。京阪沿線に最寄駅があるため、オーソドックスになんば~淀屋橋もしくは恵美須町~北浜に向かうかが自宅の前に大学に用事のため、恵美須町から長堀橋を経由して京橋に向かった。
京橋の駅で改札を出ると女子高生が前を歩いていた。
丁度スカートの丈が膝より少しだけ短く、片手にバッグでもう片方には手下げの紙袋(小さい)を持っていて後ろ姿は俺好みだった。人通りは少なかった。
気になった俺は若干ストーカー気味に後をつける。昔、かわいい後姿や。と思い前から見たらタイプじゃなくてがっかりした事があった。
その経験を生かし、早歩きするが、相手は歩速が速い。
仕方がないのでコーナーで詰めるため、インを狙う。コーナーを抜けると一人分の幅のエレベーターが!
しまった! 顔は見えない!と思い、4段の差を持つ。
そこで、見上げた時だった。パンチラが見えそうであった。
そこで全てのピースが頭の中で合致した。つまり、前に熱く語ったが、年齢に対し、無防備さは比例する。つまり、女子高生は若干無防備であり、階段やエレベータが狙い目と理解できた。
しかも、一人分の幅しかないために、その子との間は俺にしか詰められないまさしく絶対領域もビックリの絶対領域だ。
しかも、その子は手荷物を持っているためにスカートを隠せないのである。
完璧だった。神の領域だ。
しかし、後一段後ろであれば見れたものを我が人生における最大の後悔であった。
その後、後悔している俺に覗かれてるんじゃないかと気にする女子高生が俺の方を振り向く。普通にかわいかった。
しかし、ここでわざとらしく視線を外せば無意味に疑われる。
こんな時は視線を外さず、あごに手をあて、考えたふりをしてあくびをする。
これはその昔、無意味に女子に嫌われた時女子と目が合うと「何見てんねん!」とキレラレテ、ビクビクしてるとやたらその後にからまれた。
しかし、その後また目があった時にあくびをして頭をかいてると、からまれなかった。
こういうケースに限らず、何かおきた時はシカトや相手にしない事が一番と知った。
その経験から考えたストーカー技術だ。
つまりまとめると、一人分のエスカレータで相手は女子高生で手荷物があると良い。
しかも一人分のエスカレータでは急いでる人がいてもさっき言ったようにその距離は俺にしか詰められん!
補足すればエスカレータは長い程良い!
ここに鶴見緑地線京橋~京阪京橋駅間のエスカレータをパンチラ絶対領域と名づけよう。
まだ、研究は一ケースを挙げたのみである。まだ終わりではない。
  1. 2005/11/07(月) 01:01:02|
  2. たわ言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

眠い・・。

実は大学祭が11/3から始まって、昨日元いた部活の子と集まって徹夜でカラオケをした。
色々歌った・・。
アニソン~歌謡曲まで。。
記憶が曖昧になりつつあるが、最近更新していないから一応更新。
楽しみにしている数少ないファンがいれば。
ごめんなさい。
  1. 2005/11/06(日) 06:10:10|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

なんやろうか?

今日もうちの助教授に怒られながら作業をする。
「おまえは考えて作業してない!」
毎回言われているが、特に反論もしない。
常日頃からあまり、学習態度がよろしくない。
あまり今の研究は面白いとは思った事はない。
できる先輩が他大学にいて、どうやら俺が撤退する時に、先生に俺のテーマをしろと指示されたと言われた。
先輩が「僕なら2週間で終わる。」と言ってたからもう終わってるんだろうと考える。
優秀な人間と一緒にやるとやる気をなくす。
できる人間にできない人間を見たら、「努力が足りない!」と叱られる。24で周りから怒られる日々は辛かった。
ぴえろを落ちたのはかなり精神的にくる。時期がこんな時だし、何か就職でも決まればやる気も出るかなと望みはあっただけにショックはそれなりだ。
まぁ、次を考えながら探すが、ないから焦るを通り越してあきらめ気分だ。
何かダメな毎日と知る。
  1. 2005/11/01(火) 15:00:07|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ぴえろ

が落ちたのはかなりショックや。
何かもうどうしたらええやら・・
工学関係ではなくアニメ関係を目指したが。
たくさん落ちた上に、もう受けるとこがないから。
来年、無職確定くさい。
他に、したい仕事は今はないからなぁ。
どうしたものやら
必死でネットで探すがわからん。
もう少しあがくかな。
  1. 2005/11/01(火) 01:42:04|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

tks

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

メロメロパーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。