なんかなぁ~という日々

作者のセキララな考えや日常を映す日々 好きな言葉は「おまえの正論痛すぎるんだよ!」 笑ってくさい。はっちゃけます。 たまに思うけど俺の日常はどうなんやろうか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近

ウィルスにかかったと思われた。
どうやら、IMFファイルというファイルに不具合があるために半角/全角ボタンを押す度に、起動してるソフトは落ちる!
どうやら先輩から話を聞くと、ワードを再インストールするといけると聞き、再インストールをしようとしたらシリアル番号を入力しようとしたら、今度は数字を入力してる途中でインストールが止まる!
何としたらええんやら。
OSの再インストールをしようとも考えてるが、気になる症状がある。
それは、今日発覚したが、無線のネットのため、たまに回線が切れてまう。
その時に、いままで聞かれなかったメッセージが表示される。
何かパソコンから、何かアクセスしようとしてるとか?
ウィルス?
ネットのウィルスチェックをしようにも回線が不安定でできないし。
ましてや、最新のウィルスチェックはパソコンが5年前でウィルスチェックのソフトが動かない。
どうしたもんやら?
スポンサーサイト
  1. 2006/04/27(木) 02:21:18|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ママレード

昨日、足掛け半年かけて見ていたママレードボーイを見終わった。
何とも、最後は頑張って見たわりに、微妙やった。
とにかくキスと勘違いとラブラブでできたアニメやった。脳みそのパーツが足りない子の集まりの話しやった。好きやったが。
全巻17巻で、一本に5話だった。一本辺りに、2時間半の多さに時間を尽くした。
毎回借りれる訳やないし・・
とは言え、次は何を見たもんやら、ドラマ化した「花より男子」を考えていたが、微妙な気がしてる。
朝にしてる「ときめきトゥナイト」を見ているから古いのを見ようかとも考えたが、、
何を見ようかなぁ。「おじゃ魔女」を見るのも考えたが。
最近の事やが、子どもが「おじゃ魔女」や「セーラームーン」のコーナーにいて、近付けなかった・・・。
痛い話や。
少女漫画も「フルーツバスケット」や「彼氏彼女の事情」が読みたくても、立ち読みしにくい。
何か少年漫画のとこに女の子いても普通やが、少女漫画のとこに、男いたら視線が痛い痛い!
昔は、少女漫画を集める友達から借りてた。
今はそんな連中もいない。
漫画喫茶でもないからなぁとか思う今日この頃
  1. 2006/04/23(日) 15:12:13|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ウィルスかな?

何故か、2、3日前から、パソコンの全角/半角キーを押すと、パソコンで作動してたソフトが強制終了される。
そのため、ワードやらチャット関係は全てできないし、ネットで検索しようにも、ひらがなと漢字ができない。
また、今日は微妙にダメな事に、アイスを携帯に誤ってこぼしてからは、メールの打ちがってが悪い。
まぁ、ついていない。
フォーマットしようかとは考えてるが。
ウィルスソフトを入れると5年前のオイラのノートパソコンは悲鳴を上げる。
できれば新しいノートパソコンが欲しい。
誰かくれんかなぁと若干他力本願。
今はそう思う。
  1. 2006/04/20(木) 00:03:30|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

事件だ!

何と!
就職が決まった!まぁ、会社は言えないが、その手の会社に採用が決まる。
言えないのは販売のため、店名を言うと、そこに来られてまうからだ。
何か仕事してる姿見られるのは嫌じゃない?
そんな自分におめでたう。
放置気味のブログにとりあえず記すとしよう。
転勤は嫌だが、とりあえずは大阪で働く事になるとか。
研修後は飛ぶかもしれません。
面接で「今、アニメでオススメは何ですか?」の質問にホリックと答えた。
それ以外に漫画は毎週、週刊誌は読んでるとか言ったかな?
まぁ、5月からだが、頑張りますかな?
  1. 2006/04/18(火) 09:45:10|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

二日目の続き。

帰ってきて放置気味のブログを更新します。
二日目の続き。

前回のあらすじ
http://tks1123.blog12.fc2.com/blog-entry-311.html

意気揚揚と九州にたどり着いたはええが、駅は間違うわ。タク代は6000円。
泊まった宿では、カップルと親子連ればかりで、若干ながら、萎える。
そこで、次の温泉に向かう俺・・・。感じのいい女性に出会い、会話が弾み話を聞くと、阿蘇に行くとか。(逆方向)車で駅まで乗せてもらう目論見は砕かれるも、あきらめれず、戻るtks。


雨も降ってきたので、引き返し感じのいい女性に頼んで途中まで乗せてもらうため、もしくは女の子との旅で阿蘇まで行こうと思い戻る。
ジュースを買い、まさに今、温泉から出てきたように装う。
休んでいると、女の子4人が現れる。
「こんにちは~」と声をかけられる。
すると、さっきの女性が「ど~も」と声をかける。
どうやらおいらは多人数に弱いらしい・・・。頑張れ!俺。と心の声は叫ぶ。
でも、あかんたれな、ぼ・く。

遠くから眺めつつ歩き出す。声をかけてくれないかな?と少し見つつ、車が俺の後ろを通過する何故か阿蘇と逆の方向へ走り出す。
俺の向かう方向へ。
心の声「阿蘇へ行くんじゃないですか?」
少し佐賀県民が嫌いになりました。(その子は佐賀県民です)
何かこのシーンでの歌はピンクレディーの「SOS」を思い出す。

「男は狼なのよ~♪ 気をつけなさい~♪」
狼ですかね?俺・・・。

とりあえず、駅までかなり遠く1時間近く歩く。滝と山が友達。
「しかし、あれだな。四人は卑怯や!なんでや!今日び戦闘機だって三機編成や。三人ならなんとかなったかもしれんのに!」(嘘です。二人でもいっぱいいっぱいです)
しかし、駅にはたどり着けない。
おばちゃんに出会い、駅までの距離を聞くと、15分と近くなった。そこで携帯が圏外から回復したので電車の時刻を調べると、13:45までないとか。
3時間後までない・・・。
博多への行き方を考えながら、しばらくすると、おじいさんに出会い、今から福岡の博多に向かうと言い、相談すると、「バスで豊後森の駅まで行き~。そこから高速まで行ったらバスがあるけん。すぐにいきよる」
ありがたい。地元民のやさしさを感じる。
雨が強くなる。そのおじいさんに年を聞くと、親父と同い年であった。(66歳)
何ともうちの親父もこんなに年を取ったのかと痛感する。
バス停でおじさんと別れる。一路、駅へ向かうバスに乗り込む。
乗客は俺を含め2名と少ない。
バスの車掌に、高速バスに乗ると、告げると最寄のバス停を教えてくれる。
そのバス停で降り、高速バスの乗り場まで1.5kの道のりを再び歩く。
約30分後に、高速バスに乗り、博多に向かう。
しかし、博多ってどんなとこ?と思いつつ向かう。
天神のバス停に着くが、何があるかわからないので、博多に向かう。
博多に着き、まずどこに向かうか考える。
博多には一蘭と一風堂の本店があると聞いたので、それを目標にする。
時刻は14:30くらいであった。
とりあえず、交通センター8Fかなんかにマニアックなゲーマーズというアニメショップがあるのに気づき向かう。
しかし、収穫はない。向かいにアミューズメントパークがあり、博多で、初めてのコミニケーションを計る。
しかし、手ごろな人間がいても、なんだか声がかけにくい。
何とも、迷うこと、15:30であった。
気持ちを切り替え、漫画喫茶でインターネットをし、情報を得ることに。
とりあえず、590円を払い、情報を調べる。旅先で情報を調べるなら、漫画喫茶と知る。
そして、一通り情報を調べると、持っていっていたノートに情報を調べる。

とりあえず、博多にある一蘭というラーメン屋を目指す。
博多駅前で、再び佐賀県民の女子高生に声をかける。ちなみに毎回声掛けるたびに、出身地を知るのは「実は、大阪から出てきて道がわからないのですが。」と一言をつけると、出身地を言われる事が多い。
佐賀県民曰く。知らないとスルー。
ちなみに博多ではよく無視された・・・・。
大阪の梅田は地元だがよくシカトされた。大阪はひどい町だ!
ラーメン屋の事を言うと、地下街にあるとか。とりあえず探す。
毎回、自分の年齢を聞いていたが、「俺何歳に見えます?」ちなみに30にしか見られなかった。
地下の一蘭という店を見つけ、入ると自販機で食券を買い待つ。
すると、店内に入ると、隣の人の顔が見れないように敷居が立っていた。
敷居があることで集中して食べられるようにとの配慮であった。
店員から紙を渡され、好みを紙に記入し店員に渡す。
ラーメンを食べ終わる。博多ラーメンは細麺とうまかった。だしもこってりかと思ったが、あっさりうまかった。
その後、どうやって出たものやら?このまま出て行っていいのかわからない。
大阪にこんな店がないので、水を飲みつつ、誰か立つのを待つが誰も立たない。
仕方がないので、隣の人に聞くと、怪訝な顔をされたがそのまま立つといいらしい。

次に天神に向かう。
天神に行くために、地下鉄に乗ると博多は珍しく、一駅のみ乗るなら、100円でいいらしい。
しかし、天神までは4駅くらいはあったので、200円ちょっと払う。
とりあえず、大都市博多のメイド喫茶に向かう。
ここでの目標はマニアックな人間と仲良くなり、博多のマニアな店を目指そうと考えた。
そこで天神にある天神スタイルとかいうメイド喫茶に向かう。
天神スタイルはダイエーの近くにあった。
脱線ながら福岡に来たと痛感するのはダイエーとソフトバンクホークスの広告で知る。
脱線まみれのブログだが。
入るとVIP席なるものがあり、そこに座るためには会員になり毎月2000円払う必要がある。
まぁそんなことをできるわけもなく、窓際の席になる。
カウンターがVIP席で給仕するメイドと自由に話すことができるシステムである。
注文を聞かれ、キャラメルアートなるのを頼むと、メイドがエスプレッソの上にチョコレートで絵を書いてくれる。
何が面白いのやら?「何かリクエストありますか?」と尋ねられ、「いや、何か得意なので」と答えると、猫を書いてくれたが、メイドが席を立つと、すぐかき混ぜた。
何か普通の兄ちゃんもいるメイド喫茶で何をしているのかわからなくなったので、席を立つ。
次にまんだらけ博多店に向かう。
旅に出てもマニアな場所を回る俺。
欲しい漫画があったので、購入。次に屋台村なるものがあると聞き、道を聞こうとちょうどマニアックな高校生三人組に出会い、道やらマニアックなとこを聞くが、なぜか要領を得ない。仕方がないので、自分で探すことを言うと、何故か一人に眼をつけられる。
会話の途中で「色んな人に出会いました。 あなたも十分魅力的です。」と言ったのが、気に食わなかったのか?一期一会と言う言語を知る。
とりあえず、近くの本屋で立ち読みをして、夕方を待つ。
中州という所を目指す。そこに屋台があるとか紆余曲折の末に見つける。
ちなみに中洲は歓楽街で、大阪の心斎橋や東京の歌舞伎町みたいやった。
歌舞伎町は夜には行った事はないが、中州の呼び込みはすさまじく鬱陶しい。
「兄さん。兄さん。もう女の子決まりましたか?色々してくれるよ?どうですか?どうですか?」と何人にも声をかけられる。
これだけで博多がかなり嫌いになった。
屋台は村というほどなく、5~6軒だった。
中州ではないのかと、天神の駅に戻る。
天神の駅の途中に道をおじさんに聞くと、「○○通りにあるけど、やすみけん。屋台はないかもしれん。」やすみ?安見?八角?何か地名か、方言か?と思い歩く。
しかし、ないので、もう一度聞くと、休日は屋台はしていないとか。しかも、雨が昼まで降っていたのでないとか・・・。
仕方がないので、中洲に戻る。昼間は山の峠道で1時間ちょい歩いて、博多の街中を2時間程、歩きまくりや。
疲れたが、中洲で屋台を見るとラーメン屋ばかりで昼にラーメンを食べたので辞めた。
そこで、焼き鳥とおでんの店に入る。ウーロン茶を頼む。
次におでん。俺「こんにゃく下さい」
店員「こんにゃくと?」若い兄ちゃんに煽られる。
「すじ肉とだいこん。」と言うと、若い兄ちゃんに「思い出は?」と言われ、俺は「大阪から来たので。」
若い兄ちゃんは「思い出たっぷり入れときます」と言われる。
屋台には二人連れで俺より目上の姉ちゃんが右隣に、左隣に若い兄ちゃんの集団。
案外、酒の場でなら、地元民とも会話できるかと思ったが、何ともそんな空気じゃない。
とりあえず、勘定を済ます。

Qいくら?でしょう?
品目はウーロン茶一杯。おでん3品。
A1 800円
A2 500円
A3 1200円

正解は1200円。オイラ高いと思った。ちなみにビール600円。
明太手羽800円(2本)おでん一品300円 ウーロン茶一杯300円である。
ビックリした!本当は屋台で、もつ鍋食べたかったが、それが・・・。おでん三品で900円にはマジでビックリした。
しかも、博多に戻るのに一番いいのは100円バスと知る。
地下鉄代が惜しい。
そこから、叔母のいる原町(はるまち)に向かい、寝ていた叔母を起こし、博多の一日は終わった。

何か書くと長かった・・・・。
  1. 2006/04/11(火) 00:46:29|
  2. おでかけ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昨日に

旅行から帰ってきた。
何とも冒険の日々やった
  1. 2006/04/07(金) 00:15:28|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

二日目

20060403012419
宿を立つ前に、朝食を取る。どんな人がいるか、たらたら喰いながら、待つ。カップル、おっちゃん集団、親子連れ。
何故か一人は自分だけと。
悲しくなる。
とりあえずさっさと宿を出て、近くの混浴の温泉に、行く。外は雨なので、あいにく露天風呂は無理。
しかし、次は洞窟っぽい温泉なので行ける。
途中で、滝を見つけテンションが上がる。
その温泉に向かうと、若い女性が写真を撮ってる。
声をかける。
すると、友人と旅行とか、初めは俺より、若い人かと思ったが、27と俺より、年上で、話していると、「出会った人は段々年齢が上がっていってますね~。」
会話が弾むがあまり調子に乗るのは微妙なので本能的に止める。
阿蘇に向かうらしく、俺の行く方向とは逆な上、友達と来てるとか、朝に温泉は入ったとか、よからなぬ想像から、もっと早く出てたら一緒に・・。とか。
行くとぬるい温泉しかも、雨で周囲が寒いために、微妙やった。しかもガイドには混浴のみのはずが、女湯があり、何かがっかりする。
出て駅へ向け、6kの道程を急ぐ。
  1. 2006/04/03(月) 01:24:19|
  2. おでかけ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

一日目続き

200604021112132
電車に慌てて乗る。
すると、次の目的地は豊後中村にした。
豊後中村は混浴が多いし、静かでいいとこらしい。
大分のテーマはいつも通り混浴で。
大分駅の乗換えで急いで走る。
「あった!豊後竹田行き!」
賢明な方ならわかるだろうが、俺は勘違いを起こし、電車を間違う。
しかも、終電まで気付かない俺は、そのまま豊後竹田に。
豊後竹田で気付きタクシーの運ちゃんに料金を聞くと1万円とか。
高い・・
仕方ないから引き返すと電車は湯布院までしかないため、豊後中村には行けない。
考えを変え、高速バスで、大分→豊後森を目指すとした。
大分到着は20:13でバスは20:15。何とか行ける!駅前にバス停あったし!
駅の到着後走る!走る!
バス停で聞くと、「高速バスの乗り場は100m先ですよ。」
マジっすか!
でも、走る。
しかし、バスは無かった。
仕方ないから湯布院まで行き、目的の宿(3軒)にかけると一軒がOK
タクシー代が6000円で宿代6000円。(朝食付)
タクの運ちゃんに色々聞きながら着いたけど、この先どうなるやら。
豆腐アイス
  1. 2006/04/02(日) 11:12:13|
  2. おでかけ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

大分一日目

20060402110918
フェリーで20の若い男子(おのこ)と出会い、メアド交換した。幸先が良いのか悪いのかわからんがイケメンやった。写メは断られた。
大分港に着いた後に、別府で地獄めぐりを行う。
何とも間欠泉とかあってなかなか面白いが回るのに2000円と少しぼったな感じやった。
昼飯はだんご汁という大分の名産だ。
その後、バス停で外人に話しかけられる。何とか切り抜ける。
その外人に俺より前に話しかけられたお姉ちゃんに「英語とか大丈夫ですか?」と話しかける。
フェリー以来調子こいてた。
手前の駅で降りるつもりだったが、迷惑な話、そのお姉ちゃん(22)に話しかけるためだけに、
俺「どこまで、行かれるんですか?」
女性「別府まで」
俺「手前の駅で、降りるつもりでしたが、あなたが別府まで行かれるなら別府に行きます。」
女性「はぁ↑(怒」
空振る。全ての悲劇の始まり。
取り繕い、駅に到着すると、手前の駅で降りるつもりが次の駅まで行き、予定がずれる。写真は間欠泉
  1. 2006/04/02(日) 11:09:18|
  2. おでかけ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

とりあえず

フェリー乗り場に行く途中で20の兄ちゃんと仲良くなる。
何とも縁や。
とりあえず今まで話してたが、大分で大学に通うらしい。
仲良くなる大分まで暇でなくなり、楽しい。一人旅もええもんや。軽く出会いを感じる。
明日はまた新しい出会いがあるかもと思い就寝。
  1. 2006/04/01(土) 01:54:18|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

tks

03 | 2006/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

メロメロパーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。